人生さぬっくまっくまー

海外在住の経営者が特定されない範囲で大好きなタイ、iPhone、Mac、携帯SIM、海外旅行、についてつらつらと書くブログ。

ANAマイラーなら、とりあえずソラチカカードとANA WIDE GOLDカード持っとけって話

一個前の記事に海外行くならビジネスクラスだよねって話を書いたので、ついでにクレジットカード周りの話題に付いてもつらつら書いておこうかと。

 

ANAマイラーが持つべきカードなんですが、他のサイトだとアフィリエイトとかが多くて結局どれが良いんだよってなりがちなので、僕のオススメをバーっと書いたあとに理由を説明しようと思います。

  • 決済カード
  • マイル発生用カード
  • ソラチカカード

の3種類のカードを持つのがオススメです。

 

まず、決済カードにオススメなのがANA VISA WIDE GOLDカード

 

もし与信に余裕があるならANA VISA PLATINUMカードでもいいですが、年会費が高いです。8万円位だったかな。

決済カードですから、ゴールドだと300万円まで切れるので安心です。

経営者は接待などで飲食する機会が多いですから、月300万位なら簡単に消化出来ます。

サラリーマンの方でも飲み会などで幹事をして代金を建て替え払いすれば月100万円は簡単に切れるでしょう。

 

もちろん、携帯電話の支払いや、電気、ガス、水道、等の様々なライフラインの支払いもすべてクレジットカード払いにすることをお忘れなく。

 

また、コンビニやスーパーでの買い物は1万円以下はサインレスで買い物出来るところが多いので小銭ともおさらば出来て楽ちんです。

 全ての決済という決済をクレジットカードにて行うのをオススメします。

塵も積もれば山となる。です。

↓の画像はJCBですが、決済会社はVISAがオススメです。全世界で一番使えるので。

JCB、AMEX、Dinersは正直使えるところが少ないので、メインの決済カードとしては不向き。

 

一応カードの申し込みページのリンク貼っときますが、アフィリンクじゃないです。

 

 

f:id:valuedata:20151115144343j:plain

 

www.smbc-card.com

 

それから次は、マイル発生装置としてANA一般カードを持っとくのがオススメです。

特にマイペイすリボを登録すると年会費が安く済む三井住友ANAカードの、

VISA / Master / Suicaの3枚はマイル発生カードに向いています。

理由は年会費発生月に、カード継続ボーナスとして1,000マイルが毎年貰えるから。

 

通常は年会費2,000円なんですが、VISAとMasterはマイペイすリボ登録で1,025円になり、Suicaに至っては751円で済みます。

ANA VISAゴールドカードを持っている人なら、追加でANA Master一般カードと、ANA VISA Suicaカードの2枚をマイル発生用カードとして保有しておくといいでしょう。

たった2000円弱で毎年2,000マイルが貰えます。

 

契約してあとはほったらかしでOKとなんとも自分向きです。

えーそれから最後はソラチカカード。

ポイントサイトで貯めたポイントを、一番良いレートでANAマイルに交換する用のカードですね。

 

f:id:valuedata:20151115134903p:plain

 

www.to-me-card.jp

 

ハピタスやポイントタウンで貯めたポイントを0.9倍でANAマイルに移行出来ます。

ただ、移行スピードが極端に遅いのと、月に2万ポイント(18,000マイル)までしか

ANAマイルに移行できないので、移行スピードの遅さは、スケジュールの調整で効率化しましょう。

 

 

最短55日ほどでPeX→メトロ→ANAの交換が行えます。

まぁ毎月決まった日に移行申請すればいいだけです。

 

また、メトロポイントは最大でも月に18,000マイルまでしか移行できませんので、

18,000×12=216,000

つまりソラチカで生み出せるANAマイルは年間216,000マイルが上限となります。